サッカー語る(サイドバック多め)ブログ 

サッカーについて適当に書きます

カンテとマケレレの微妙な違い

 エンゴロ・カンテとクロード・マケレレが比較されることは非常に多い。

チェルシーの守備的MF、フランス人、小柄、運動量等似てる要素はかなり多く、プレースタイルもかなり似ていると言われている。

 

ただ個人的には、カンテとマケレレは若干タイプが違う選手だと感じている。

 

ポジション的にはマケレレがアンカーだったのに対して、現在のカンテは1つ前のインサイドハーフよやっているが、これは18/19シーズンにチェルシーを率いたサッリの元で、パスワークや飛び出しといった攻撃性能に磨きをかけた影響である。

 

それを踏まえてもDAZNのレジェンドマッチや昔の映像を見てもカンテとマケレレの違いは微妙にあると思った。

 

まずそもそも守備的MFは大きく分けて2つのパターンがある。

1つは前に出て人に行くタイプで、球際の強さや、インターセプト能力が求められる。

 

もう1つが、コースを限定してスペースを埋めるタイプで、動きすぎて中央を空けないことがポイントである。

 

2人をそのどちらかに当てはめると、カンテは前に出て行くタイプでマケレレは埋めるタイプである。

 

カンテは鋭い出足を活かしてインターセプトやプレスといったの前の矢印が強い印象。

それにプラスしてピッチに何人いるんだと錯覚するほどの守備範囲が魅力である。

 

守備範囲が広いということはそれだけ動き回っているいうことなので、色々カバーできている反面、空いてる箇所がある。

 

マケレレは自分の守るスペースをあまり空けない。インターセプトを狙うというよりは、縦パスに対してサイドバックセンターバックと一緒に挟み込む守備が多い。

どちらかというと後ろの矢印という印象で、パスそのものをカットするというよりかはパスが出た後に奪うイメージ。

 

両者ともにどちらもできるので、強いて言えばということである。

 

攻撃に関しては、カンテは自ら運ぶドリブルができて、自らスペースに走り込むプレーも多く、前への推進力が強い。

攻撃の起点になるパスも出せるし、自らシュートに行くパターンもある。

 

マケレレは足下のテクニックは高いが、プレーの選択は非常にシンプルで、攻めのパスはそこまで多くはない。

 

ただ、フリーな選手を見つける能力は高く、要所で攻撃の起点になるパスを出していた。

 

攻撃もどちらかというとカンテが前の意識が強くて。マケレレはポジションを守ることが多かった。

 

現在もマケレレがプレーをしていれば、もっと細かい違いを分析できるが、如何せん情報が少ないので大まかな違いしか発見できなかった。

 

また、現在と昔 では求められる役割は違うので、純粋な比較をすること自体不毛であるが、若干気になったので無理やり比較してみた。

 

鎌田大地のスペースを見つける能力

 アイントラハト・フランクフルトに所属する鎌田大地の魅力といえば、ボールキープ、スルーパス、得点力といったイメージが強い。

 

実際、ここ最近のブンデスリーガでもそれらのスキルを遺憾なく発揮し、チームの中心選手になりつつある。

 

ただ、最近鎌田のプレーを分析して思ったことは、オン・ザ・ボールと同じくらい、オフ・ザ・ボールの動きが素晴らしいということ。

 

特に空いたスペースを見つけてそこに入り込んでくる動きが非常にうまい。

 

1番直近の試合であるヴォルフスブルク戦でのバス・ドストの落としを決めたゴールは、空いたスペースに相手より先に走りこんだからこそ生まれたものである。

 

 

そのヴォルフスブルク戦で、特に効いていた動きは大きく分けて2つで、1つ目が相手のサイドバックが前に潰しにいった時の裏のスペースに入ってくる動きである。

 

この試合はフランクフルトが3バックでウイングバックを配置しているのに対して、ヴォルフスブルクは4−4−2であったため、ウイングバックサイドバックがサイドで駆け引きをする構図になっていた。

 

ヴォルフスブルクは噛み合わないシステムに対して、サイドハーフサイドバックで上手く連携していたが、サイドバックが前に出た時、鎌田は必ずその裏を狙っていた。

 

f:id:yaissi:20200531172953p:plain

 

ウイングバックに入った時にはもうすでにスペースに走り出しているので、ダイレクトでもらうことができる。

これは相手選手の動きをしっかり見えているからこそのプレーである。

 

2つ目が相手の中盤が前に出た時にその背後を突くプレーである。

 

フランクフルトもヴォルフスブルクも中盤が2枚の同数で、お互い中央で奪う時はボランチが前に出ることになる。

 

鎌田は自分をケアしているボランチが前に出た時を見計らってタイミングよく空いたスペースに入ってくる。

 

しかも、入ってくるタイミングが絶妙で味方としては非常にパスが出しやすいであろう。

これもどこのスペースが空くかをあらかじめ認識できているからこそのプレーである。

 

 

ヴォルフスブルク戦は決勝点以外にも、前線でのタメや高精度のラストパスで相手の脅威になり続けていた。

それは足元のテクニックだけでなく、動き出しが良くボールを引き出すのがうまいからこそのプレーである。

 

鎌田のプレーを見て改めて良い選手はフリーになる能力が高いということがわかった。

 

そして今後どれだけ活躍できるのかも注目していきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカー漫画「アオアシ」から考える司令塔型サイドバックについて

 サッカー漫画「アオアシ」はJリーグのユースチームを舞台にしたサッカー漫画で、必殺シュート等の現実離れした描写はなく、現実のサッカーで重要視されている個人やチームの戦術について細かく触れており、どちらかいうと玄人好みの作品である。

 

また、作者の小林先生のサッカーの知識が凄まじく、僕も読みながら日々勉強させてもらっている。

そんな「アオアシ」は作中で司令塔型サイドバックが1つのテーマとして描かれているのが特徴できだ。

 

というのもストーリーで主人公の青井葦人がフォワードからサイドバックにコンバートされるわけだが、その理由が葦人の類い希な視野の広さを活かし、司令塔の役割を最終ラインの位置からやらせようというわけだ。

 

最近のサッカー界でも偽サイドバックで中に入って行く中盤的な動きが浸透しているが、完全な司令塔型というと思い当たるのはバイエルンのキミッヒくらいだと思う。

 

ビルドアップが上手くてパスの配給が凄い選手は数多くいるが、それを司令塔型と言うかと言われれば個人的には違うと思う。

 

アオアシ」での葦人の特徴は、味方と敵の位置を一瞬で把握できる視野の広さを活かして、スペースができるところを予測するか作り出すことである。

 

要は将棋やチェスをやってるかのような動き方や動かし方ができるわけだ。

 

今までそのような選手は中盤やトップ下に配置されることが多かった。

なぜなら、視野の広さというのは類い希な才能で、そのような実力者は真ん中に置くべきだと考えられていたからである。

 

実際それは、間違いではないと思う。

ただし、冷静に考えれば試合中周りが1番見やすいのはサイドバックである。

サイドから常に全体を見ることができ、首を振る必要もなく、自然な状態でもサイドバックは常に多くの情報が入ってくるというわけだ。

だからこそ、周囲の状況判断が的確で予測ができる司令塔を置くのは非常に理にかなっている。

 

サイドバックだからと言ってサイドに張るだけでなく、もし色々見えているのであれば、葦人みたいに縦横無人に動くのはありだと思う。

 

 

ただ個人的に気になるのは葦人が右利きであるにも関わらず、作中では左サイドバックをやっていること。

個人的にはサイドバックは利き足と同じサイドを担当するのが望ましいと思っている。

 

作者があえてそうしているのは何かあるのではないかと感じている。

サイドバックが中に入るいわゆる偽サイドバックではなく、サイドバックしながらチームの動きに合わせて色々動き回るからこその逆足なのか。

あるいは逆足サイドバックこそ司令塔型サイドバックに適しているという考えなのか。

そこら辺は非常に興味深いしちゃんとした理由があるなら今後流行る可能性はある。

 

いずれにせよまだまだ世界でも例が少ない司令塔型サイドバックはこれからどうなるのかは非常に気になる。

 

というわけでサッカーを勉強するなら「アオアシ」は非常にオススメである。

 

 

守備で気が利くサイドバックの特徴 〜 アスピリクエタを分析してみた

 個人的に現役のサイドバックで1番守備がうまいのはチェルシーアスピリクエタだと思っている。

1対1の粘り強い対応は元々定評あるが、最近改めて彼のプレーを分析してみて思ったのは、常にボールを奪うことを意識していて、果敢に潰しに行くプレーが多いこと。

 

その潰す場所が非常に気が利いていて、ここで受けられたら嫌だなと思う場所を絶妙に潰していてる。

しかも、その場所は、アスピリクエタの本来の持ち場ではなく、背後のスペースを空けるリスクを冒して潰しにきているのである。

 

堅実のイメージがあったアスピリクエタにしては意外で、逆に言うと最高峰の守備というのは「気が利く」選手なんだと感じた。

 

というわけで今回はサイドバックの気が利く守備について書こうと思う。

 

★カウンターの目を摘む飛び出し

 

まずは逆のサイドから攻撃しており、自分は最終ラインに残っている状況。

 

ちなみに下の図は赤丸が自分達で、右サイドバックの選手を例にしたものである。

f:id:yaissi:20200529121657p:plain

 

もし左からのセンタリングが相手にクリアされると、真ん中のスペースで受けられ、カウンターになってしまう。

 

本来であれば、中盤の選手がこのスペースをケアするのがセオリーであるが、それが上手く出来なかったという場面だ。

 

この場合、セオリーでは背後のスペースをケアしながら相手の攻撃を遅らせ、味方の戻りを待つことである。

 

これが気が利くサイドバックだとこのスペースで受ける選手にを潰しに行けて、インターセプトを狙えるわけだ。

基本はサイドバックの裏の背後のスペースを空けるのはNGであり、潰しにいくタイミングを間違えるとキープされて、スペースを使われてしまい、責任はサイドバックになる。

 

しかし、アスピリクエタの守備を見てるとリスクを冒しながら何度もこの場所を潰していることが確認できる。

それだけ、空くスペースに目ざとく気を配っている証拠である。

 

ボランチ裏とサイドハーフ裏とハーフスペース

 

次に攻め込まれた時や、相手がボールを保持している時の守備である。

基本的にカウンター時と同じでサイドバックは背後のスペースを空けないことを第一に考える。

しかし、気を利かせてボランチが前に出た時に中央のスペースをカバーできると、チームは非常に助かる。

センターバックが前に出て、真ん中を空けるのは非常に危険のため、本来の仕事ではないが、サイドバックがカバーする方が理にかなっている。

f:id:yaissi:20200529130112p:plain

後はハーフスペースのケアである。

常に監視するのではなく、サイドのスペースをケアしながらも、来ると思ったら事前に消しに行くという、洞察力とバランス感覚が非常に重要になってくる。

 

良いサイドバックの条件としてスペースを空けないことであるが、それだけではチームを救うことができない。

アスピリクエタのプレーを見ていると、ここに通されたくないなーという場所にことごとく現れており、危険察知能力の高さが伺える。

 

結局気が利くプレーというのは、試合中にチームメートが困った時、困りそうになった時に助けれる選手ということだ。

そのためには、常に周囲の様子を気にする必要があり、アスピリクエタの能力の高さを改めて認識することができた。

 

 

 

 

未だにマーカーorコーンのジグザグドリブルをやらせている指導者がいることについて

 先日、僕の家の近くの小学校でサッカー少年団かスクールかどちらかわからなかったが、サッカーチームの練習が行われていた。

 

自転車を漕いでいた僕は、それだけなら気にも止めずスルーしてたところだが、あまりにも衝撃的な練習をしていたので、つい足を止めてしまった。

 

それは、マーカーを均等に置いてその隙間をドリブルでかわして行くいわゆるジグザクドリブルである。

自分も小学校の時に何度もやらされたことがあり、むしろ現在成人以上のサッカー経験者であれば誰もが一度はやったことがある定番メニューである。

 

なぜその見慣れた練習に衝撃を受けたかというと、未だにそんな意味のない練習をやらせている指導者がいるということ。

しかも指導者が結構ベテラン感があったこと。

 

はっきり言ってマーカーのジグザグドリブルは何の練習にもならないし時間の無駄である。

なぜなら、サッカーの試合にマーカーやコーンを交わす場面はないからである。

 

その練習をやらせていたベテランのサッカーコーチは、「ボールタッチの感覚を意識して!」

みたいな声かけを行なっていて、彼らのスタンス的にはボールコントロールの技術を養っているつもりなんだろうけど、そもそもマーカーを交わしても技術は上がらない。

 

なぜならマーカーは動かないから。

さらにボールコントロールが上手くても相手の逆を取らなければ、抜けない。

逆に言うとボールコントロールが多少下手でも、相手の逆を取れていれば、抜けることはある。

 

つまりサッカーで1番重要である相手との駆け引きの部分が一切入ってないのがまずだめ。

 

でそのへっぽこコーチは「顔を上げろ」とかも言ってるが、何度もやらされた立場から言うと、顔を上げたドリブルは何度かやれば誰でもできるようになる。

なぜなら、顔を上げてても意識が足元に向けていれば慣れてくるのである。

 

この顔を上げることの本質はドリブルしながらパスコースを探すことである。

つまりこの顔を上げるアクションはただ首を上げるのではなく、探すということをできるようにするのが本質である。

 

だからもしジグザグドリブルをやるなら(そもそもやるのも反対であるが)並べたマーカーの奥に人を立たせて、ドリブル中に適当なタイミングで手を挙げさせる。

ドリブルしている子は手が挙がったタイミングですぐにパスを出す。

これだとドリブルしながら探すという意識を養うことができる。

 

そんなの指導者がちょっと考えれば分かることなのに、どれだけサッカーを勉強する気がないか。

というかアップデートしなささすぎ。

 

ネット社会になってこれだけ情報が溢れていて「ジグザクドリブルは意味ないでしょ」みたいなことは度々言われてきているにも関わらず、未だにそのようなことが当たり前に行われててびっくりした。

 

その指導者に教わっている子供が何より可哀想だし、それにお金を払っている両親も可哀想である。

 

サッカーを好きでいられるのは上手くなるからでマーカードリブルは絶対に上手くはならない。

そういうのは早くなくなって欲しいなというちょっと怒りのブログでした。

 

 

レバークーゼンを窒息させたヴォルフスブルクの守備

 ブンデスリーガ再開後リーグ戦2戦2勝、得点力も合わせて7点と絶好調なレバークーゼン

 

さらに、前にカイ・ハヴェルツの記事も書いたのでもう1回チェックしようと思いレバークーゼンヴォルフスブルクの試合を観戦。

 

するとびっくり、ヴォルフスブルクの守備が良すぎて、レバークーゼンの攻撃を完全にシャットアウトしていた。

 

というわけで今回はレバークーゼンを押さえ込んだヴォルフスブルクの守備について書きたいと思う。

 

★スタメン

 

f:id:yaissi:20200527194627p:plain

レバークーゼンは前節3バックであったが、今節は4バックを採用、ヴォルフスブルクはフラットな4−4−2であった。

結果的に4バックで臨んだレバークーゼンが苦しむことになる。

 

 

★ダブルボランチを完全封鎖

 

基本的にはレバークーゼンがボールを持つことになり、それに対してのヴォルフスブルクの守備がこちら。

f:id:yaissi:20200527195041p:plain

センターバックは比較的自由に持たせて、2トップでダブルボランチのコースを遮断する。

高い位置を取るサイドバックにたいしては、しっかりサイドハーフが対応する。

 

単純だがこれが凄い効果的で、中にボールが入らないので、当然攻撃の中心のハヴェルツにもボールが行かない。

 というか前に全然ボールが入らない。

 

センターバックがフリーなので、ドリブルで運べれば全然問題ない場面であるが、この試合ではその場面がほとんどなく、手詰まりになってしまっていた。

 

ちなみにセンターバックの持ち運びの有効性についての記事も載せておきます。

 

yaissi.hatenadiary.com

 

 

ヴォルフスブルクの2トップも待ち構えているだけでなく、センターバックが詰まってきたなと思ったら、プレスの圧を強める。

f:id:yaissi:20200527195902p:plain

この時もヴォルフスブルクボランチが連動してプレスにかけにいくが、この時両ボランチがまえに出る瞬間があるので、その空いたスペースを狙えていれば、もう少し攻撃の形ができていたかもしれない。

時折、ハヴェルツが受けてた場面はあったものの継続性はなかった。

 

★後半3バックに変更

 

前半攻撃が停滞したまま先制を許したレバークーゼンは後半頭から一気に3枚変えて、かつ3バックにシステムを変更する。

この変更は非常によかった。

 

交代の内訳

ベンダー → ドラゴヴィッチ

ワイザー → バウムガトリンガー

ベララビ → ウィルツ

アランギスが最終ラインに落ちて、アミリが右ウイングバックに入った。

 

f:id:yaissi:20200527201253p:plain

ポイントは最終ラインで数的優位を作られて、2トップで対応難しくなったこと。

それに伴いサイドーハーフが出て行くべきか迷うこと、そして、その後ろのウイングバックに対して、サイドバックサイドハーフどちらが行くかの迷いができたこと。

 

レバークーゼンとしてはいろんなところでずれを作り出すことに成功した。

実際に後半の最初はいいシーンを作れていた。

f:id:yaissi:20200527201721p:plain

 

ウイングバックが出てきた裏のスペースを上手く使ってチャンスを作り出すことに成功する。

間違いなくこの形は狙って行ったものだと思う。

 

ただし、ヴォルフスブルクも時間の経過とともに対応する 。

f:id:yaissi:20200527201914p:plain

左はビクトルのプレスバックでサイドバックが裏を埋める形で対応。

右はムバブが出て行くが、裏のスペースを消しながら寄せるので、コースがなく、抑え込むことに成功。

対応力は見事であった。

ヴォルフスブルクの追加点は、中盤への縦パスをカットしたところから始まるが、元はと言えばムバプのところが詰まって、後ろに戻したところからである。

 

4点とった後に1失点してしまったが、ヴォルフスブルクは試合を通して、終始安定した守備を見せていた。

 非常に見事であるし、逆にレバークーゼンとしてはビルドアップの課題が出てしまったのかなと思う。

 

ただ途中のシステム変更の狙いとかは面白かったので、見てて非常に勉強になった試合ではあった。

 

今後もこういう面白い試合があれば、その一部分を切り取ってを書いていきたいなと思います。


 

 

 

ライプツィヒのハイプレスのメカニズム ブンデスリーガ第27節マインツ戦

 今回はブンデスリーガで優勝争いをしているナーゲルスマン率いるライプツィヒについて。

 

今シーズンのライプツィヒは相手に合わせて、戦い方とシステムを柔軟に変えてはいるが、ナーゲルスマン監督は自分達のサッカーといえばハイプレスと明言しているので、真髄はやっぱりそっちなのかなと。

 

そのハイプレスが遺憾無く発揮されたのがブンデスリーガ第27節のアウェイでのマインツ戦である。

この試合は5−0とライプツィヒが快勝し、攻撃力も凄まじかったが、何より目についたのはライプツィヒのハイプレスでマインツが完全に窒息していたことである。

 

そこで今回はライプツィヒのプレスのメカニズムについて書きたいと思う。

 

★狭く攻めて狭く守るのに適している4−2−2ー2

ライプツィヒのフォーメーションはこちら。

f:id:yaissi:20200526133819p:plain

先程もライプツィヒは今シーズン様々なシステムを使い分けていると書いたが、なんだかんだ1番運用している回数が多いのがこの4−2−2ー2という形だ。

ボールサイドに人数を配置し、狭いエリアで極力攻めて、もし奪われた時はそのまま狭い陣形を保ったままハイプレスをかけるというスタイルである。

 

★守備時の可変

 

ハイプレスをかけるときのメカニズムについて説明すると、まず大前提としてサイドを閉めて中盤でボールを奪いくというコンセプトでプレスを行なっている。

 

マインツのシステムは5−4−1で、ビルドアップの時は3−4−3のような形で行うことが多かった。

それに対してライプツィヒの陣形がこちら。

 

f:id:yaissi:20200526134639p:plain

 

1つずつ説明すると、最前線のポールセンが降りて相手の中盤をケアし、相方のヴェルナーは中央のCBを見て、サイドを変えられない場所に立つ。

 

サイドのCBにボールが入ったら、二列目のエンクンクまたはオルモが縦を切りながら鬼プレスをかける。

それに伴いボランチの2人が横にスライドし片方は相手WBをケアして、もう片方は

相手の中盤への縦パスをインンターセプトできる位置につく。

 

図の通り、この時点でボールを持ったCBが出すところがなくなってしまっている。

ボランチに当ててもインターセプトされるし、前のスペースに蹴っても数的優位を作られている最終ラインにカットされてしまう。

 

この陣形も見事せあるが、ライプツィヒの1番凄いところは、プレスの出足が桁外れに速いこと。

相手ボールになった途端すぐにプレス体制を整えるので、マインツの視野が奪われてビルドアップが完全に窒息していた。

本当に凄まじかった。

 

★プレスの対象方を考察

 

プレスをかけられても失わない個人技がある選手が中盤にいれば問題ない。

あるいは前線で鬼のフィジカルで雑なロングボールをキープできる選手がいれば苦しむことはない。

 

そうでなければ何かしらの策を講じる必要がある。

個人的な案としては2つ考えられるので最後にそれを紹介する。

f:id:yaissi:20200526140018p:plain

1つ目はキーパーを積極的にビルドアップに介入させサイドを変えていく戦法。

ライプツィヒのプレスの弱点として、ボールサイドに人数をかけてるため、1度サイドが変わると一気にフリーさせてしまうことである。

 

ヴェルナーもキーパーへのケアもしてはいるが、完全にマークすることはできないので、キーパーから速やかにサイドを変えれるボールを出せればプレスをはがすことが可能である。

 

2つめ目が中盤がもっと最終ラインの近くまで降りて、スペースを空ける動きをすることである。

ライプツィヒの中盤がついて来れば、背後のスペースが空くし、ついてこなければ、数的優位を作ることができる。

 

 

とりあえずこの圧縮プレスに対応できる策としては個人的に思いつくのはこの2つである。

 

ライプツィヒの面白いところはこのやり方が無理そうな相手にたいしては普通にリトリートしてくる場面もあるということである。

 

その戦い方を決める基準がいまいち不明で、どういう時に圧縮プレスを選択するのかが非常に興味がある。

その確認も含めて今後もライプツィヒの試合をチェックしていきたいと思う。